生活

【ストッパとトメダイン】オススメの下痢止めはどっち?【徹底比較】

悩んでいる人
大事な試験や緊張した場面、電車内でお腹がいつも痛くなるので下痢止めを購入しようか考えています。下痢止めっていたら『ストッパ』か『トメダイン』が思い浮かぶけど、どっちがオススメなのか教えてください!

 

こういった悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・ストッパとトメダインの違いとは?【徹底比較】

・どっちの方が効果があるの?【結論:トメダイン】

 

本記事を書いている筆者について

Kikuchiのプロフィール画像

 

この記事を書いているKikuchiは、令和元年10月に通っていた岩手大学理工学部を入学から1年半で中退し、放送大学へ編入しました。
現在は、生活と福祉コースに所属し学士修得を目指して勉強しながら、ブログを書いています。

 

今回は、ドラッグストアで売れられている下痢止め薬の『ストッパ』と『トメダイン』について解説していきます。

 

下痢止め薬って言ったら、「ストッパ」と「トメダイン」が有名ですよね?

 


 

ドラックストアでもこの2つは必ずといっていいほど置いてあります。

 

でも、ぶっちゃけどっちが効果あってオススメなの?とこんな疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?
キクチ

 

ということで今回は、「ストッパ」と「トメダイン」を徹底比較。実際にどちらの下痢止めを使ったことがある筆者が、解説していきます。

 

どちらか2つの下痢止め薬の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは早速、見ていきましょう。

 

ストッパとトメダインはどちらがオススメなの?


結論から言うと、「トメダイン」の方がオススメです。

 

下痢止めとしての効き目は、トメダインの方が効果がありました。ただ、あくまでも私が使用して個人的な感想なので注意が必要です。
キクチ

 

下では「ストッパ」と「トメダイン」の違いを①有効成分、②値段、③効き目と3つポイントに分けて比較しながら徹底解説していきます。

 

①:有効成分

 

まずはそれぞれの薬に入っている有効成分について、比較していきます。

 

ストッパの主な有効成分(参考:ライオン株式会社 ストッパ

 

・ロートエキス・・・下痢の原因となる腸の異常収縮を抑える

 

・タンニン酸ベルベリン・・・腸粘膜の炎症を抑えて、下痢の原因菌を殺菌する

 

・※シャクヤク 乾燥エキス・・・腹痛を伴う下痢の痛みを和らげる

 

 

ストッパには、2~3種類の有効成分が入っていました。(※女性用タイプのみ配合)

 

トメダインの有効成分(参考:KOWA トメダインコーワ

 

・ロペラミド塩酸塩・・・腸の過剰な運動や粘膜の水分吸収・分泌異常を抑える

 

・※ベルベリン塩化物水和物・・・下痢の原因菌を殺菌し、下痢を抑える

 

・※アクリノール水和物 ・・・下痢の原因菌を殺菌し、下痢を抑える

 

・※シャクヤク末・・・腹痛を伴う下痢の痛みを和らげる

 

・※ゲンノショウコ末 ・・・腸の粘膜を保護する整腸作用

 

 

トメダインには、1~5種類の有効成分が入っていました。(※錠剤タイプのみ配合)

 

どちらも腸の動きを抑える有効成分が含まれていますが、トメダインの方がストッパと比べて有効成分が2倍近いくらい多く含まれています
キクチ

 

②:値段

 

ここでは、Amazonで販売されている価格を参考にして比較していきます。

 

ストッパとトメダインの価格比較(参考:Amazon

薬の種類1回服用量価格/1回服用する際の価格
ストッパ下痢止めEX 12錠1錠759円/約63.3円
トメダインコーワフィルム 6枚1枚896円/約149.3円
トメダインコーワ錠 18錠3錠1,092円/182.0円


1回に服用する面からコストパフォーマンス的に考えると、ストッパの方が断然安いことになりますね

 

トメダインの方は、ストッパと比較すると2倍~3倍近く割高な価格となっていました。有効成分による違いがあるのかもしれません。
キクチ

 

③:効き目

 

ストッパとトメダインを何度も使ってきた私的には、値段は少し高いけれど圧倒的にトメダインの方が効果がありました

 

塾で講師のアルバイトをしている私にとって授業中、トイレに行くことはあまりしたくありません。

 

別に講師がトイレに行くことは禁止ではありませんが、授業を中断したくない思いと周りの講師は誰もトイレに立たないことから、あまり行きたくないのです。
キクチ

 

そのため基本的にトイレを済ませてから授業を行うのですが、トイレに行ってはならないという強迫観念から度々、腹痛を起こしてしまいます。

 

始めはストッパを使用して効き目を実感していましたが、何回も使っていくうちに段々と効果が実感できなくなり、結局トイレに駆け込むということを繰り返すようになりました。

 

「これではダメだ」と思ったので、藁をすがる思いでストッパからトメダインの方に変更。

 

正直「最初は効果あるんだけど、段々と効かなくなるだろう」とあまり期待していませんでした。
キクチ

 

しかし、その予想を裏切り、何度使っても腹痛がおさまりトイレに行かなくて済むという絶大な効果をトメダインは発揮。

 

またストッパと比べて服用してから腹痛が治まるまでの効果が早く、今でもスーツのポケットに常時入れておくほどフル活用しています

 


注意点

 

激しい下痢や発熱・吐き気・血便などの症状がある場合は、下痢止めを使用せずに医療機関を受診しましょう。

 

 

まとめ:下痢の原因である腸内環境を整えることも大事


今回は、ドラッグストアで売れられている下痢止め薬の『ストッパ』と『トメダイン』について解説していきました。

 

個人的にはトメダインの方が効果が出たのでオススメしますが、効果には個人差があるので注意が必要です。

 

またストレスから関連して腹痛や下痢が日常的に起きる過敏性腸症候群の方は、下痢止めの薬以外だけに頼るのではなく、腸内環境を整えることも病状の改善につながります

 

腸内環境を整えるためには、ヨーグルトや納豆などといった発酵食品を積極的に食べるのがオススメです。
キクチ

 

ですが「発酵食品が苦手なんだよな・・・」「毎日、発酵食品は食べられない!」などといった方も、多くいらっしゃると思います。

 

そんな方に、手軽に味を気にせずに飲めるオススメなサプリメントがこちら。

 


乳酸菌・ビフィズス菌・納豆菌・紅麹菌・酵母菌といった5つの善玉菌を、1日1粒で摂取することが出来るのが魅力的です

 

Amazonのレビューでも、便通が良くなった、他の高価な乳酸菌サプリメントより安くてよく効くという声が見受けられました。腸内環境を整えたいという方は一度、試してみてはいかがでしょうか?
キクチ

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

-生活
-

© 2021 Kikuchi Blog