生活

ママチャリで盛岡から花巻まで40kmの距離を走ってみた【意外と楽】

 

本記事を書いている筆者について

この記事を書いているKikuchiは、令和元年10月に通っていた岩手大学理工学部を入学から1年半で中退し、放送大学へ編入しました。
現在は、生活と福祉コースに所属し学士修得を目指して勉強しながら、ブログを書いています。

 

今回は、自転車(ママチャリ)で岩手県の盛岡駅から花巻駅までの約40kmの道のりを走ってみました。

 

実は僕、以前通っていた岩手大学のある盛岡市から地元花巻市まで、自転車を漕いでいったらどれくらいの時間がかかるのか興味を持っていました。

 

ですが、以下の理由でなかなかこの企画が行われていませんでした。

 

 

①:大学を中退して以降、そもそも岩手大学(放送大学)に行く機会が減ったから

通信制大学なので、大学に通わずとも自分で学習を進められる。

 

②:新型コロナで放送大学の面接授業や単位認定試験が中止

自宅開催に切り替わり、唯一の大学に通う機会が失う。

 

③:大学に通っていた当時に使用していた自転車がパンクして、そのまま放置

大学を中退する頃にはすでにパンクしていて、修理せず1年間放置していました。

 

 

一番影響したのが、②の理由。実は4月にこの企画をやろうと思っていましたが、コロナが怖くて断念した経緯がありました。
キクチ

 

それで半年たった今、GoToキャンペーンも始まり、岩手県の新型コロナ感染状況も落ち着いていたので、今回この機会に温めていた企画を決行するに至ったわけです。

 

僕はそして大学に1年間以上放置し、前輪がパンクした自転車と運命の再会を果たしました。

 

放置してごめん。今すぐ、直すからな…」ということで、近くの自転車にパンク修理を依頼。

 

パンク修理は、チューブ交換しないといけなかったために約2000円かかりました。

 

パンク修理にかかった費用を示すレシート
パンク修理にかかった費用を示すレシート


パンク防止剤を入れていたので、パッチで穴がふさげずチューブごと交換しないとダメらしいです。

 

パンクも防止しなかったのに、入れる意味なかったやん…(泣)」と思いましたが…。
キクチ

 

何はともあれ、パンク修理した自転車は完全復活しました。

 

今回使用した自転車
ママチャリで40kmの道のりを走る


前置きが長くなりましたが、盛岡~花巻までの走行中の記録を語っていきたいと思います。

 

12時頃に盛岡駅を出発

盛岡駅東口
出発地点の盛岡駅東口

 

今回、自転車で走るコースをグーグルマップで示します。

 


コースによって距離は異なりますが、だいたい36km~37kmくらいでしょう。

 

ちなみに盛岡駅から花巻駅まで自動車や鉄道を利用した場合は、30分~50分くらいかかり、歩く場合だと7時間半かかるそうです。

 

若干、今日中に本当に自宅まで到着できるか不安を感じましたが、

 

もしもの時は、最寄駅から自転車を置いて電車で帰る」ということを心の支え(保険)として、11時50分に盛岡駅をスタートしました。

 

盛南大橋へ向かう道路
盛岡駅を出発


盛岡西バイパスを通って4号線へ

盛岡西バイパス本宮交差点
盛岡西バイパスの本宮交差点前

 

盛岡駅を出発し盛南大橋を渡って15分くらい走ると、盛岡西バイパスの本宮交差点に到着しました。

 

基本的にグーグルマップで示している通り、自転車を走らせていく感じです。

 

盛岡西バイパスの周りには、車屋さんや家電量販店、スーパーマーケットや飲食店などがズラッと連なっています。

 

盛岡もだいぶ発展したいな~」なんてことをしみじみ感じつつ、交差点から自転車を走らせること20分。

 

バイパスの終点である南口側の交差点に到着しました。

 

盛岡西バイパス南口交差点
盛岡西バイパスの南口側交差点


途中、スーパーマーケットに寄り道したので、少し時間がかかりました。寄り道しなければ、15分くらいで到着できたと思います。
キクチ

 

ここからはグーグルマップと異なり、交差点を左に曲がり4号線を通って花巻まで南下していきます。

 

※少し走る距離は長くなりますが、歩道が整備されていて安全なので4号線のルートを選択しました。

 

スタートから1時間で矢巾町に到着

盛岡南IC入口交差点
盛岡南IC入口の交差点付近


盛岡西バイパスの南口側交差点を左折し、およそ10分。

 

4号線とぶつかる盛岡南インターチェンジ入口の交差点に到着しました。

 

画像にはうつっていませんが、写真を撮りながらドラックストアの交差点でコンビニで買ったおにぎりを一口、唐揚げを1つ食べています。

 

腹が重くなるのも苦しいし、食べながら走るのも恥ずかしいので、少しずつ燃料を補給していく感じです。
キクチ

 

2分くらいで1回目の燃料補給を終え、4号線を走りだします。

 

自動車の交通量は相変わらず多いですが、歩道がしっかりと整備されているので安心。

 

盛岡南IC入口の交差点から約20分、ついに1つ目の盛岡市を抜け出し、矢巾町に突入です。

 

矢巾町の看板
逆光で少し見にくいですが…


盛岡駅を出発して、矢巾町に来るまでにかかった時間は1時間ちょっと。グーグルマップによると、11㎞くらいの距離があるそうです。
キクチ

 

矢巾町に入って20分くらい走り、歩道橋の下で燃料休憩をしました。

 

ふっと北西の方向を見ると、去年できたばかりの岩手医科大学の病院が。

 

矢巾町も発展したな~(本日2度目)」としみじみ思いながら、おにぎりや唐揚げを頬張りお茶を飲んでいました。
キクチ

 

岩手医科大学附属病院
奥に見えるのが岩手医科大学附属病院


身体に違和感が出始める

紫波町高清水の歩道橋
スタートから1時間40分で紫波町に突入


2度目の燃料補給を5分ちょっとで済ませ、自転車を漕ぐこと約20分。

 

ついに矢巾町を脱出し2つ目の町、紫波町に入りました。スタートから1時間40分、距離に16kmくらいをここまで制覇したことになります。

 

何やかんや寄り道や休憩をしていたので、2時間もかからずに紫波町に入れるとは思ってもいませんでした。
キクチ

 

時間的には花巻まで夕暮れ前に余裕で到着できると感じていましたが、ここで身体に疲労の色が見えます。

 

左の太ももが筋肉痛のようになり、背中のハリが目立ってきたのです。

 

幸いにも自転車を漕げないくらいの痛みではなく、そこまで気にしませんでした。むしろ久しぶりに運動している感じで、逆にやる気が上がりました(笑)
キクチ

 

身体に痛みを感じつつも、やる気を糧に自転車をとにかく走り進めていきます。

 

紫波中央駅前の交差点
紫波中央駅前の交差点


ついにゴール地点のある花巻へ

花巻市の看板
花巻市石鳥谷町に突入


紫波中央駅前の交差点から約30分、自転車を走らせるとついに花巻市に突入しました。

 

ここまでかかった時間は2時間ちょうど。スマホの時計を見ると、午後2時を指していました。

 

まさか、盛岡から自転車を走らせて2時間で花巻に入ると思っていませんでした。予想以上にあっさりと着いたので、びっくりしました。
キクチ

 

時間があるので、道の駅「石鳥谷」でトイレ休憩。

 

道の駅「石鳥谷」
道の駅「石鳥谷」


ちなみに、石鳥谷町は日本三大杜氏の一つである南部杜氏が発祥の地。

 

この道の駅石鳥谷にも、南部杜氏の歴史や様子を知れる「南部杜氏伝承館」があるのですが、ただいまリニューアル工事中。

 

工事中の南部杜氏伝承館
今のところリニューアルオープンは未定


道の駅には地元の農産物やお酒、加工品が買える産直がありますが、特に用もなかったので寄らず。

 

トイレ休憩と写真撮影をしてすぐに出発しました。

 

花巻市石鳥谷町の道路
歩道を走る様子



狭い歩道を走りながら、花巻駅を目指します。途中「逆ヒバ」を横目に、疲れた足を動かしながら自転車をとにかく漕ぐのみ。

 

石鳥谷にある逆ヒバ



時間に余裕がまだあるので、4号線から少し脱線して花巻空港へ。

 

花巻空港
フジドリームエアラインズ(FDA)の飛行機


ちょうど、カラフルな紫色をした飛行機が止まっていました。FDAの飛行機はどの機体もカラフルで、個人的に面白いと思っています。

 

ちなみに後で調べてみたところ時間的にこの機体は、名古屋(小牧)に行く便だそうです。
キクチ

 

空港を通り過ぎて、4号線へ一旦合流し、県道298号線で花巻市の中心街に突入していきます。

 

花巻市街地への案内看板
県道298号線へ合流


この時点で、時計は午後3時をちょっと過ぎてたくらい。花巻駅までは、約3kmの地点にいました。
キクチ

 

もうゴールまであと少し。

 

サライやZARDの「負けないで」を脳内で再生しながら(嘘)10分くらい自転車を走らせると、ついに「花巻駅」の3文字が。

 

鳥谷崎神社前にある花巻駅の案内看板
鳥谷崎神社前にある花巻駅の案内看板


ここまでくれば、もうゴールはすぐそこ。

 

最後にある辛い坂を上り終えて、ついに花巻駅に到着しました。

 

花巻駅
花巻駅東口に到着


寄り道や回り道をしたので、ちょうど40kmくらい走ったのではないでしょうか?それでも11時50分に出発して4時間かからずにゴールできたのは、うれしい?誤算でした。
キクチ

 

盛岡~花巻を自転車で走り終えての感想


疲れはしましたが、案外すんなりと行けたなと感じました。

 

個人的には、「途中で辛くなって電車を使って帰るのではないか…」と心配していましたが、そんな心配は杞憂でしたね。
キクチ

 

4号線を通ったので、あんまり起伏がなく走りやすかったのも要因の一つなのではないでしょうか?

 

とにかく、事故もケガもなくゴール地点にたどり着けて安心しましたし、普段は自動車で通る道を自転車で走ってみてなんか新鮮な感じがしました。

 

意外とこの企画、楽しかったので次回はルートを変えて挑戦しようかなと思います。

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-生活
-

© 2021 Kikuchi Blog