資格

【何が違うの?】ITパスポート試験と基本情報技術者試験の違いを解説

悩んでいる人
ITパスポート試験と基本情報技術者試験の違いは、何?初心者は、ITパスポート試験と基本情報技術者試験のどちらを受験するのがオススメなの?

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・ITパスポート試験と基本情報技術者試験の違い【主に4つ】

・初心者はITパスポート試験と基本情報技術者試験どちらを受験するべきか?

 

本記事を書いている筆者について

Kikuchiのプロフィール画像

 

この記事を書いているKikuchiは、令和元年10月に通っていた岩手大学理工学部を入学から1年半で中退し、放送大学へ編入しました。現在は、生活と福祉コースに所属し学士修得を目指して勉強しながら、ブログを書いています。

 

今回は、ITパスポートと基本情報技術者試験について解説していきます。

 

ちなみに本記事の筆者はどちらの試験も受験経験があり、ITパスポート試験は合格していて資格を持っています。

 

ITパスポートの合格証書

ITパスポートの合格証書

 

記事では、2つの試験の違いと初めて情報系の資格試験を受験する方はどちらの試験を受験すべきなのかを徹底解説していきます。

 

これからITパスポート試験と基本情報技術者試験を受験しようと考えている方は、参考にしてみて下さい。
Kikuchi

 

それでは早速、見ていきましょう!

 

ITパスポート試験と基本情報技術者試験の違いは4つ


2つの試験の違いは、大きくまとめると4つあります。

 

 

・難易度

 

・試験範囲

 

・試験形式

 

・試験日程

 

 

①:難易度

 

ITパスポート試験と比較して基本情報技術者試験の方が、圧倒的に難しいです

 

試験を主催している情報処理推進機構(IPA)によると、4段階レベルでITパスポート試験はレベル1と定められているのに対して、基本情報技術者試験ではレベル2と定められています。

 

なので当然、試験内容もレベルアップしているわけですね。
Kikuchi

 

合格率もITパスポート試験では平均50%台と高い水準であるのに対し、基本情報技術者試験は平均20~30%台と圧倒的に低くなっています

 

ITパスポート試験の合格率(参考:ITパスポート試験 過去の統計資料

開催年度受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
平成27年73,185人34,696人47.4%
平成28年77,765人37,570人48.3%
平成29年84,235人42,432人50.4%
平成30年95,187人49,221人51.7%
令和元年103,812人56,323人54.3%


基本情報技術者試験の合格率(参考:IPA 情報処理技術者試験 統計情報

開催年度受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
平成27年101,221人26,109人25.8
平成28年99,999人26,591人26.6%
平成29年105,252人23,288人22.1%
平成30年111,381人28,552人25.6%
令和元年121,556人31,224人25.7%


②:試験範囲

 

ITパスポート試験と比べて基本情報技術者試験の方が、より深く知識を問われる問題が多くなっています。

 

2つの試験ともにテクノロジ系・マネジメント系・ストラテジ系から問題が出題されるのに変わりはありませんが、各分野ごとに問われる範囲が広くなっているのです。

 

特にITパスポート試験ではあまり問われないアルゴリズムやプログラム言語の問題が出題されるため、毎年のように受験者を苦しめる鬼門となっています。

 

正直言って、生半可な知識でもITパスポート試験は通用する所がありましたが、基本情報技術者試験はマジで勉強しないと合格するのは難しいです。
Kikuchi

 

こちらの記事もオススメ

オススメ記事
【基本情報技術者】オススメ参考書5選と選択するべきプログラム言語とは?

続きを見る

 

③:試験形式

 

2つの試験形式の違い

試験の概要ITパスポート試験基本情報技術者試験
試験時間120分300分(午前・午後、各150分)
問題数100問80問
試験形式CBT方式※午前:四肢択一式、午後:多肢選択式


ITパスポート試験の場合、試験時間は120分。

 

問題数は全100問で、CBT方式(コンピュータに表示された試験問題をマウスやキーボードを用いて解答)で行います。

 

一方、基本情報技術者試験は午前・午後試験ともに150分、計5時間ものにも及ぶ試験。(丸1日かかる)
Kikuchi



問題数は午前試験が全80問で四肢択一式、午後試験は多肢選択式でどちらも鉛筆やシャーペンで解答をマークシートにマークしていきます。

 

※令和2年度10月試験は、新型コロナウイルスによる影響で令和2年度中(令和2年12月~令和3年3月)の複数日にCBT方式で実施することになりました。(参考:IPA SG、FEのCBT方式での実施について

 

➃:試験日程

 

ITパスポート試験は、自分が受けたい試験会場・試験日時をある程度好きなように決めて受験することができます。

 

毎月試験は開催されていますし、試験日の3日前までなら試験会場・日時ともに変更することが可能です。(変更回数に制限はないが、初回申込日から1年まで)

 

なので、自信がないからもう少し勉強してから受験しようもう十分勉強したから、予定を変えて来週受けようと言うことが出来るのです。

 

私も当初申し込んだ日程を2回くらい変更し、試験日を1ヶ月先延ばしました。
Kikuchi

 

一方、基本情報技術者試験の場合、毎年4月と10月の年2回でしか開催されません。

 

ITパスポート試験と比べて受験チャンスが少ない分、日程を考えて計画的に勉強を進める必要があります

 

こちらの記事もオススメ

オススメ記事
【2020年最新版】基本情報技術者試験で人気の参考書5冊を比較!

続きを見る

 

初心者はITパスポートと基本情報技術者試験のどちらを受けるべき?

 

私の考えとしては、ITパスポート試験を最初に受けた方が良いと思います

 

というのも、ITの知識がないまま基本情報技術者試験を勉強することはとてもキツく、途中で挫折する可能性が高いからです。
Kikuchi

 

先ほども触れましたが、問われるITの知識に違いはなくても基本情報技術者試験の方がより深く知識を問われる問題が多く、難易度が格段にアップしています。

 

なので、初心者はITパスポート試験をまず受験してみて、ある程度ITの知識を覚えてから基本情報技術者試験を受験することをオススメします。

 

ITパスポート試験の詳しい勉強法は下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方は読んでみてください。

 

オススメ記事
【文系でも合格】ITパスポート合格者がオススメする参考書+勉強法

続きを見る

 

まとめ:ITパスポート試験と基本情報技術者試験はレベルが違う


今回は、ITパスポート試験と基本情報技術者試験の違いについてまとめてみました。

 

どちらの試験も同じ情報処理推進機構(IPA)主催していますが、難易度、試験範囲、試験形式などで大きく異なっています。

 

ITパスポート試験は、ITを利用するすべての社会人が備えておき知識を、基本情報技術者試験はシステム開発する人を対象として問題構成されているのが特徴です。
Kikuchi

 

ITの知識を備えておきたいと考えるならITパスポート試験を、エンジニアを目指しているなら基本情報技術者試験で合格を目指して頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

こちらの記事もオススメ

オススメ記事
【2020年版】ITパスポート試験にオススメな参考書5選を紹介!

続きを見る

 

オススメ記事
【2021年版】 基本情報技術者午後試験にオススメな参考書8冊を厳選

続きを見る

 

なお、ITパスポート試験の受験を考えている方は、スマホやPCで月額980円から学べる【オンスク.JP】 の資格学習サービスがオススメ。

 

現役IT講師が解説するわかりやすい講義動画と、過去問の徹底分析で自分の苦手分野の問題に合わせて出題される問題演習機能が魅力です。
Kikuchi

 

詳しくは、こちらからご覧ください>>様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】 

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

-資格
-

© 2021 Kikuchi Blog