資格

【IT初心者でも合格】基本情報技術者試験合格者がオススメする参考書5選

悩んでいる人
今度、基本情報技術者試験を受験するのですが、参考書や問題集はどれを選べばよいの?オススメ参考書や問題集、試験対策の方法について教えてください!

 

基本情報技術者の試験勉強するうえで参考書は必須ですが、売られている参考書の種類が多く、結局どれを買えばよいか迷ってしまうことはないでしょうか?

 

そこで今回は基本情報技術者試験に合格した筆者が、試験対策にオススメの参考書と試験の勉強法を午前・午後試験別に解説していきます

 

本記事を読めば基本情報技術者の試験対策方法を知ることができるので、受験生のみなさんはぜひ参考にしてみてください!
キクチ

 

それでは早速、見ていきましょう!

 

まずは無料でお試し学習!

スタディング 基本情報技術者講座

ポイント

  • スマホ1つで学べる!
  • 勉強方法に迷う必要なし!
  • 試験で出題されやすいポイントを専門講師が厳選!
  • ちょっとしたスキマ時間で効率的な学習できる!

まずは無料で体験

 

基本情報技術者試験にオススメな参考書

 

基本情報技術者試験の合格を目指すIT初心者向けに、おすすめしたい参考書が「キタミ式」です。

 

初心者におすすめな参考書

 

キタミ式は解説がイラスト付きで分かりやすく、IT初心者向けにはとても良い参考書です

 

ただ、テキストの厚さが3.5cmと持ち歩きには不向き。外出先でも学習したいという方は、Kindle版(電子書籍)がオススメです。
キクチ

 

午前試験対策にオススメな参考書

 

午前試験対策にオススメな参考書

 

問題に出るIT用語の解説が詳しく掲載されているのが、テキストの特徴。

 

いきなり過去問を解いたけどよく分からなかった…」という方にオススメの一冊です。
キクチ

 

午前試験の問題に出題率が掲載され、よく出題される問題が分かるのもポイントです。

 

午後試験対策にオススメな参考書

 

午後試験の問題は、以下5つの分野から出題されます。

 

午後試験の出題分野

  1. 情報セキュリティ
  2. テクノロジ系(ハードウェア、ソフトウェア、データベース、ネットワーク、ソフトウェア設計の中から3問出題)
  3. マネジメント系(プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、システム戦略、経営戦略・企業と法務の中から1問出題)
  4. データ構造及びアルゴリズム
  5. ソフトウェア開発(C、Java、Python、アセンブラ、表計算のいずれか1問を選択)

 

情報セキュリティ・テクノロジ・マネジメントの試験対策にオススメな参考書

 

午後試験に特化した問題集で分野別となっており、解説が分かりやすいです。

 

演習問題も多く掲載されているので、この参考書を用いて苦手分野を集中的に勉強するのも良いでしょう。
キクチ

 

データ構造及びアルゴリズムの試験対策にオススメな参考書

 

アルゴリズムに特化した参考書で非常に分かりやすく、アルゴリズムに対する苦手意識を克服してくれる一冊となります。

 

基本的なアルゴリズムの考え方から解説してくれているので、初心者にもおすすめです。
キクチ

 

ソフトウェア開発

 

表計算に特化した参考書となっており、基本から応用まで学習することができます。

 

ちなみに筆者はIT初心者で表計算ソフトを触ったことがなかったのですが、そんな私でも理解できる分かりやすい解説で勉強できました。
キクチ

 

基本情報技術者試験の独学での勉強法について

 

結論から言うと、午前・午後試験ともに過去問題の対策が全てといっても過言ではありません

 

下では基本情報技術者試験の勉強法について、午前と午後試験に分けて解説します。

 

午前試験の勉強法

 

午前試験の合格に向けた勉強法は、1問でも多く過去問を解くことです

 

参考書を見てある程度知識がついたと思ったら、過去問題集や勉強サイトの問題をひたすら解きましょう。
キクチ

 

オススメの問題集

 

過去問を解くうえでオススメの勉強法は、分からなければすぐに解説を見て解法を理解することです

 

分からない問題があれば、すぐに解答と解説をみて次回以降解けるようにしていきましょう。

 

安定して過去問の正答率が80%を超えるようになれば、本番の試験でもほぼ合格点に届きます!
キクチ

 

午後試験の勉強法

 

午後試験の勉強方法

  1. 午前試験を70%~80%安定して得点できるようにする
  2. 問題集に取り組む
  3. 過去問を5年分解く

 

過去問を5年分、根拠を持って正解を選べるようになれば本番でも80%以上得点できます。

 

最初は正解率が低いかもしれませんが、あきらめずに取り組んでいきましょう。
キクチ

 

データ構造及びアルゴリズムとソフトウェア開発で解答が分からない場合は、午前試験と同じですぐに解説を読むことがポイントです。

 

解説を見ながら問題を解くことを繰り返していけばどのように解いていけば良いか、何を問われているかが理解できるようになります

 

試験合格に必要な勉強時間は?

 

基本情報技術者試験に合格するための勉強時間は、IT知識を持っている方であれば50時間です。

 

IT知識の有無については1年分過去問をみて4割程度用語が分かれば、私はIT知識はありと判断します。

 

一方でIT知識がないIT初心者の方であれば、合格まで100時間以上は必要になるでしょう。 

 

基本情報技術者試験を勉強される方の多くは、まとまった勉強時間を確保するのが難しい社会人です。

 

いかに通勤・通学などのスキマ時間を活用できるかが、合格へのポイントになりますよ。
キクチ

 

まとめ:スタディングの試験対策講座もオススメ!

 

今回は、基本情報技術者試験にオススメな参考書と勉強法を午前・午後試験別に解説していきました。

 

本記事を参考にして、ぜひ試験対策に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

なお、テキストを使った学習とあわせてスタディング 基本情報技術者講座の受講もオススメです。
キクチ

 

まずは無料でお試し学習!

スタディング 基本情報技術者講座

ポイント

  • スマホ1つで学べる!
  • 勉強方法に迷う必要なし!
  • 試験で出題されやすいポイントを専門講師が厳選!
  • ちょっとしたスキマ時間で効率的な学習できる!

まずは無料で体験

 

こちらの記事もおすすめ

基本情報技術者試験の過去問を何年分解けばいいの?【結論:4年分です】

続きを見る

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

-資格
-

© 2021 Kikuchi Blog