資格

基本情報技術者試験とは?試験形式やおすすめ勉強方法について徹底解説!

悩んでいる人
基本情報技術者試験はどんな試験なの?試験形式や勉強方法について詳しく知りたいです!

 

基本情報技術者試験ってよく聞くけど、どんな試験かいまいち分かりにくいですよね。

 

そこで本記事では、実際に基本情報技術者試験に合格した筆者が、基本情報技術者試験とはどういった試験なのかから合格した勉強方法に至るまでを解説しました。

 

本記事を読むと、あとは実際に基本情報技術者試験に申し込むだけの状態になりますよ。
キクチ

 

それではさっそく見ていきましょう!

 

基本情報技術者試験とは

 

基本情報技術者試験とは、情報処理の促進に関する法律第29条1項に基づき経済産業大臣が行う国家試験です。

 

試験要項には、受験対象者像として「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者」と定められています。

 

簡単に言うと、IT人材に必要な基礎知識を身につけることができる試験という感じですね。
キクチ

 

試験内容は、以下の通り。

 

試験内容

  • 統計など数学
  • アルゴリズムとデータ構造
  • コンピュータ
  • OS
  • メディア表現
  • データベース
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • Web
  • アーキテクチャ
  • 開発手法
  • プロジェクトマネジメント
  • 経営戦略
  • プログラミング

 

IT業界で働くために必要な知識が網羅された内容となっており、基本情報技術者試験に合格するとIT業界で働くためのベースの知識はあると言えるでしょう。

 

試験形式について

 

基本情報技術者試験は午前試験と午後試験に分かれており、それぞれの試験形式は下記のようになっています。

 

午前午後
試験時間150分150分
出題形式多肢選択式(四肢択一)多肢選択式
出題数
解答数
出題数:80問
解答数:80問
出題数:11問
解答数:5問
▲試験形式

 

午前試験は全解答必須ですが、午後試験は11問中5問のみ選択して解答する選択式です。

 

また新型コロナウイルスの影響により、試験方式が従来の紙とペンを使ったマークシート方式からパソコンを利用したCBT方式に変更されました

 

CBT方式とはComputer Based Testingの略で、テストをパソコンを操作して行う方式のことです。
キクチ

 

そのため、試験会場の規模が縮小&変更されています。試験会場については、プロメトリックの公式HPで検索してご確認ください。

 

今後もコロナの影響で試験方式等が変更になる可能性があります。そのため、最新の試験動向をIPAの公式HPでチェックしておきましょう。

 

午前試験の内容

 

午前試験についてもう少し詳しく解説しておきますね。

 

基本情報技術者試験の午前試験は全部で80問あり、以下3つの分野に分かれています。

 

  • テクノロジ系(80問中50問)
  • マネジメント系(80問中10問)
  • ストラテジ系(80問中20問)

 

さらに、それぞれの分野は下記の通り分かれています。

 

テクノロジ系(80問中50問)

1.基礎理論
2.アルゴリズムとプログラミング
3.コンピュータ構成要素
4.システム構成要素
5.ソフトウェア
6.ハードウェア
7.ヒューマンインターフェイス
8.マルチメディア
9.データベース
10.ネットワーク
11.セキュリティ
12.システム開発技術
13.ソフトウェア開発管理技術

 

マネジメント系(80問中10問)

14.プロジェクトマネジメント
15.サービスマネジメント
16.システム監査

 

ストラテジ系(80問中20問)

17.システム戦略
18.システム企画
19.経営戦略マネジメント
20.技術戦略マネジメント
21.ビジネスインダストリ
22.企業活動
23.法務

 

上記のように午前試験だけでも広大な試験範囲であることが分かるかと思います。

 

午後試験の内容

 

午後試験は長文形式の問題が全部で11問あり、その中から5問を選択して解答する選択方式となっています。

 

▼具体的な試験内容は、以下の画像通りです。

引用:IPA

 

午後試験のポイント

  • 問1の情報セキュリティ、問6のデータ構造とアルゴリズムは必ず解答
  • 問2〜問5から2問選択して解答
  • 問7〜問11のプログラミング言語問題(C/Java/Python/アセンブラ/表計算)から1問選択して解答

 

難易度

 

基本情報技術者試験の難易度は決して低くはありません。合格率は、ここ数年20%程度となっており、単純に数字だけ見ると4人に1人程度しか合格できません

 

▼具体的な過去の合格率は、下記の通り。

年度応募者数受験者数合格者数合格率
H29春期67,784人48,875人10,975人22.5%
H29秋期76,717人56,377人12,313人21.8%
H30春期73,581人51,377人14,829人28.9%
H30秋期82,347人60,004人13,723人22.9%
H31春期77,470人54,686人12,155人22.2%
R1秋期91,700人66,870人19,069人28.5%

 

年度によって差はありますが、合格率20%〜30%の間であることが分かるかと思います。

 

基本情報技術者試験とよく比較されるITパスポートもIT業界の基本知識を問う試験という意味では基本情報技術者試験と同じですが、難易度は基本情報技術者試験より低めです

 

実際に、ITパスポートの合格率は40%〜60%程度となっており、基本情報技術者試験の倍以上の合格率となっています。
キクチ

 

▼ITパスポートについて詳しく知りたい方はこちらから

おすすめ記事
【何が違うの?】ITパスポート試験と基本情報技術者試験の違いを解説

続きを見る

 

試験日程

 

基本情報技術者試験は春期と秋期の年に2回開催されており、合格発表は基本的に試験日の約1ヶ月後となっています。

 

ちなみに令和3年度の春期試験は4/18に実施され、合格発表は5/17でした。
キクチ

 

ただし、新型コロナウイルスの状況によっては今後もスケジュールが変更になる可能性があるため、最新の情報は、IPAの公式HPをご確認ください。

 

試験申し込み

 

基本情報技術者試験の申し込み手順は、下記の2手順のみです。

 

申し込み手順

  1. IPA公式HPにアクセスし、必要事項を入力して申し込みを行う
  2. 申し込み時に選択した方法で受験料の払う

 

あとは試験日の約17日前に受験票が送られてくるので、試験当日に持っていきましょう。申し込み内容に変更が生じた場合は、IPA公式HPから変更を行えばOKです。
キクチ

 

基本情報技術者試験に合格するための勉強法

 

続いて具体的な勉強方法について、午前・午後試験に分けて詳しく解説していきます。

 

実際に筆者が合格した勉強法ですので、ぜひ参考にしてくださいね。
キクチ

 

午前試験の勉強法

 

まずは午前試験の勉強ですが、筆者がやったことは下記の2つだけです。

 

午前試験の勉強法

 

これだけでほぼ確実に午前試験は60点以上超えることができます。そのため、午前試験対策はサクッと終わらせてしまいましょう。

 

おすすめ記事
【2020年最新版】基本情報技術者試験で人気の参考書5冊を比較!

続きを見る

 

午後試験の勉強法

 

続いて午後試験の勉強方法ですが、基本情報技術者試験は午後試験が最大の難関です

 

そのため、午前試験の勉強をサクッと終わらせて午後試験の勉強を重点的に行いましょう。
キクチ

 

実際に筆者が行った勉強法は、下記の通りです。

 

午後試験の勉強法

  1. かんたん合格 基本情報技術者過去問題集で選択問題を選択せずに全部解いてみる(言語問題は選択してOK)
  2. 自分が得意な選択問題が分かってきたら、その選択問題を選択して過去問を5年分以上解いてみる
  3. 間違えた問題はなぜ間違えたのか考え、解き方を理解する

 

午後問題は暗記というより考え方が問われますので、過去問をひたすら解きまくって問題の癖や考え方を養いましょう

 

もちろん何も考えずに解くだけではダメなので、間違えた問題は解答を見てしっかり理解しておいてください。

 

結局は試験までにどれだけ勉強したかで合否が分かれます。合格に近道は無いので、計画的に勉強を進めましょう。
キクチ

 

▼午後試験対策におすすめな参考書を詳しく知りたい方はこちらから

おすすめ記事
【2021年版】 基本情報技術者午後試験にオススメな参考書8冊を厳選

続きを見る

 

勉強時間

 

結論から言うと、午前試験の勉強・午後試験の勉強合わせて2ヶ月ほどです

 

実際に筆者は、2ヶ月間毎日1〜2時間ほど勉強して合格しました。
キクチ

 

もちろん1日のうちに確保できる勉強時間や問題を解くスピード等によっても変わりますが、大体2ヶ月ほどを目安に勉強すれば良いと思います。

 

まとめ

 

以上、基本情報技術者試験について解説していきました。最後に本記事をもう一度まとめておきますね。

 

まとめ

  • 基本情報技術者試験は国家試験の1つ
  • 試験時間は午前試験、午後試験合わせて300分。多肢選択式。
  • コロナの影響で試験形式がCBT方式に変更になった。
  • 午後試験は11問から5問を選択して解答する選択式。
  • 近年の合格率は20%程度。
  • 試験は春と秋の年2回開催。
  • 勉強期間の目安は約2ヶ月ほど。

 

合格率は20%台と決して高くはありませんが、記事で解説したように勉強すれば絶対に合格することができます。

 

ぜひ、2ヶ月を目安に頑張って勉強してみてください!
キクチ

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

-資格
-

© 2021 Kikuchi Blog